カードの現金化、本当に安心?

クレジットカード現金化の本当の怖さ

自己破産ができなくなる

自己破産がどういうことか知っていますか?
自己破産とは、自分が返せないほどの借金を抱えてしまった場合に、一定以上の財産を手放すことで借金を帳消しにしてもらうことです。
便利な手段だと思うかもしれませんが、誰でもこの方法がとれるわけではありません。
浪費を原因とした借金の場合は自己破産の申請ができません。
そして、一度でもにクレジットカードを現金化したことがある場合も申請ができないのです。

自己破産をすることで多少の資産を残せたり、生活を守るといった良い点があるのですが、クレジットカードの現金化をしているとそれができなくなります。現在の利益だけを追い求めると、将来の自分が困ることになってしまうのです。

消費者金融と比べると利息が高い

クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入し、それを買い取ってもらうなどして現金にする現金化。
しかし、カードを使っての買い物なので、後からカード会社から請求されます。
そのため、一時的な借金といえます。
一般的に借金をする時、多くの人が利用するのは、消費者金融だと思います。
クレジットカードの現金化は、同じ借金といえども、消費者金融よりも年利が高く、後で割高な支払いをすることになることが多いのです。
そのため、「消費者金融の審査に通らない」「今すぐにでも現金がほしい」という人でないかぎり、クレジットカードの現金化は避けた方がよいかもしれません。

このように、クレジットカードの現金化には様々なリスクがあります。
そのため、大手だからといって、気軽に利用してしまうのは大変危険です。
本当に必要なことかをご自身でしっかり考えて、取り返しのつかないことにならないようにしましょう。



ページ
先頭へ