カードの現金化、本当に安心?

そもそも、現金化ってどういうこと?

法律違反になってしまう!

まず、クレジットカード会社は、現金化という方法を認めてはいないのです。
そのため、もしカード会社にばれたら、「違法行為をしている」ということでカードを使えなくなってしまう(利用停止)かもしれないのです。
また、国もこのような行為を法律で許可していないのです。
つまり、クレジットカードの現金化を行うと法律違反の行為を行うことと同じことなのです。
ですから、軽い気持ちで現金化をするのはとても怖いことなのです。

また、クレジットカードの現金化業者のサイトに「公安委員会許可を取っています」と記載されている場合がありますが、これは「古物取引の許可」を得ているだけなので、カード現金化の許可を得ているわけではないということに注意しましょう。

悪徳業者にあたってしまうと…

法律違反などの話は、まだ良心的に営業をしている業者の話でした。
世の中には、利用者の利益はほぼ考えずにお金をできるだけ多くとってやろうと考えて営業している業者もいるのです。
悪徳業者にあたってしまうと、利用しても現金を手に入れられないだけでなく、もっとひどい事態になってしまうこともあります。
一部の例としては、利用者にクレジットカードで買い物だけさせておいて、現金を渡さないといったことや、会社のサイトに書いてある手数料とはかけ離れた値段を請求され、それを拒否するとキャンセル料をとられたりなど、現金を手に入れるどころか大きな損失になってしまうものがあります。
また、業者に渡した個人情報を闇金業者に流されてしまうなど、ぞっとしてしまうような話もあるようです。



ページ
先頭へ