大手のクレジットカード現金化業者なら安心?

カードの現金化、本当に安心?

カードの現金化の落とし穴

身近なクレジットカードでも、現金化のことを詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?
怖さを知る前に、まず「現金化とはどういうことなのか」について知る必要がありますよね。
誰でもわかるように、簡単に説明してきます。

クレジットカードの現金化とは、古物営業の許可を取った業者が、消費者に対してクレジットカードのショッピング枠を使って何らかの商品を購入をさせた後、その購入代金より低い金額で買い取ることによって、消費者が現金を手に入れられるようにする行為のことです。
この1文だけだと、完璧に理解するのは難しいかもしれませんね。

まず、古物営業とは、一度使用されたものを売買・交換することです。
古着屋さんをイメージすると分かりやすいかもしれません。
また、クレジットカードのショッピング枠とは、カードの利用限度額の中の、ショッピングに利用できる限度額のことです。
つまり、ショッピング枠が60万円だとすると、買い物の時にカードを利用できるのは60万円までということになります。
ここまでの話をまとめると、消費者がカードで購入した使用済みの商品を、購入金額よりも安い値段で業者が買うことで、消費者にその分のお金を渡されるということです。
業者にとっては、購入金額と買い取り価格の差額が収入になりますし、消費者にとっては、すぐに現金が手に入るということで、両者にとって利益になるのです。

両者に利益がある!?
それなら現金化ってとてもいいビジネスなのでは?と思ってしまいますよね。
ただ、怖い落とし穴があるのです。


ページ
先頭へ